週間人気ランキング

1
柿渋染めと墨のカバン。
柿渋染めと墨のカバン。
ショルダーバッグです。
ジャンル:ソーイング・布
作  家:横山正美
詳しく見る
2
携帯用カラクリ正座椅子
携帯用カラクリ正座椅子
携帯する時は、持ち運びやすいように、薄く組み替える事ができる携帯用の正座椅子です。名前は、「おちょきん楽や座」といいます。「おちょきん」とは、福井県の方言で「正座」のことです。
ジャンル:木工
作  家:久保指物店三代目
詳しく見る
3
皮籐ペンダント
皮籐ペンダント
皮籐ペンダント
ジャンル:その他
作  家:永瀬 水晴
詳しく見る
4
杜の市に出店します。銅製ミルクパン
銅製ミルクパン
一枚の銅板を叩いて作ったミルクパンです。内側には錫引きをしております。
外側は銅の素地そのままのものと硫化カリによる着色をしたものです。
ジャンル:金属
作  家:岡本 渓壽
詳しく見る
5
柿渋染めと墨のカバン。
柿渋染めと墨のカバン。
アジアの手織木綿に墨で柄を描き、
柿渋で何度も手染めしました。
ジャンル:ソーイング・布
作  家:横山正美
詳しく見る
6
カップ 湯のみ マグカップ 
カップ 湯のみ マグカップ 
リサイクル粘土をブレンドして作るため 毎回焼き上がりの色や雰囲気が変わるのを楽しんで作ってます。
ジャンル:陶芸
作  家:今井 陽一 / Yoichi Imai
詳しく見る
7
杜の市に出店します。銅製両手鍋
銅製両手鍋
手打による銅鍋です
ジャンル:金属
作  家:岡本 渓壽
詳しく見る
8
杜の市に出店します。くるっケロ
くるっケロ
くるみのカエル くるっケロ
ジャンル:その他
作  家:くるみっくる
詳しく見る
9
ひょうたんランプ
ひょうたんランプ
タネをまくところから始まる究極の手作り作品です。
ひょうたんの持つそれぞれの個性にインスピレーションを受けて、一穴一穴手作業で丁寧に模様をつけていきます。仕上げにスモークをかけて味わいある色をのせ、くるみオイル(これも自家製)でつやを出します。土台も、流木や古木を使った手作りです。
ジャンル:その他
作  家:モヒョ
詳しく見る
10
ボタン付きスカーフ 巻き方20通り以上!ミラクルスカーフ
ボタン付きスカーフ 巻き方20通り以上!ミラクルスカーフ
20通り以上の巻き方あり。まずは好きな巻き方を一つ、、、、着こなせてくると、いろいろ思いついて自分流の着方を発見することができます。
ジャンル:ソーイング・布
作  家:あいかり屋
詳しく見る
11
杜の市に出店します。スツール
スツール
リーズナブルな価格で無垢の木のスツールを作りました。
ジャンル:木工
作  家:横山 正明
詳しく見る
12
杜の市に出店します。ステンドグラスと彩りガラスのサンキャッチャー(若葉)
ステンドグラスと彩りガラスのサンキャッチャー(若葉)
ステンドグラスの葉っぱと手作りガラスのモビールを組み合わせたサンキャッチャーです。
ジャンル:ガラス
作  家:横山 正明
詳しく見る
13
ひょうたんスピーカー
ひょうたんスピーカー
オーディオもひょうたんの時代!古くから楽器の共鳴器として使われていたひょうたんの響きの良さは折り紙付きです。それぞれ模様もついているので、音を出していないときでもナチュラルなインテリアとして楽しめます。
ジャンル:その他
作  家:モヒョ
詳しく見る
14
手織り地のバッグ
手織り地のバッグ
しなの木の靭皮を糸にして織り上げたしな布をバッグに仕立てました。
ジャンル:ソーイング・布
作  家:高島 由美
詳しく見る
15
杜の市に出店します。山ぶどうつるのバッグ
山ぶどうつるのバッグ
自主採取したブドウの蔓の皮で編んだバッグです
大きいものからショルダータイプまでございます。
ジャンル:その他
作  家:並木
詳しく見る
16
しな布のバッグ
しな布のバッグ
しなの木の靭皮を織ったしな布で、自然の風合いを生かしてバッグに
ジャンル:ソーイング・布
作  家:高島 由美
詳しく見る
17
木製眼鏡フレーム
木製眼鏡フレーム
木製眼鏡フレームは、使い込むことで自分の体の一部になっていく、生きている眼鏡です。
※レンズを挿入できる実用品です。
ジャンル:木工
作  家:久保指物店三代目
詳しく見る
18
杜の市に出店します。色鮮やかなパッチワークガラス
色鮮やかなパッチワークガラス
目の覚めるような鮮やかな、可愛い器です。
ジャンル:ガラス
作  家:桜庭裕子
詳しく見る
19
杜の市に出店します。おもちゃの兵隊
おもちゃの兵隊
くるみ割り人形の物語りに登場するおもちゃの兵隊です。
ジャンル:木工
作  家:くるみっくる
詳しく見る
20
ボディバッグ
ボディバッグ
2枚の革の構成から立体に仕立てたワンショルダーのヌメ革バッグです。
携帯、財布など身の回りの物を収納するのに十分な容量があります。
ジャンル:
作  家:丸十YAMAZAKI
詳しく見る

ページの先頭へ