作家詳細

桜庭裕子

桜庭裕子

板・粒・粉のガラスを組み合わせて、電気炉で焼いて溶かす「フュージング」技法で作品を作っています。
透き通るガラスが映し出す色も作品の一部として、使うときにその美しさに「はっ」と気がついてもらえるように心がけています。また、ガラスを組んだり、編んだり、焼き付けたりして、色々な表情を追求しています。

ギャラリー

ミニブーケ
ガラス
リーフ模様の花器
作家:桜庭裕子
組み込みモザイク平皿
ガラス
組み込みモザイク平皿
作家:桜庭裕子

ページの先頭へ